コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワトル語 ナワトルごNahuatl language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナワトル語
ナワトルご
Nahuatl language

アステカ語,メヒカノ語ともいう。ユート=アステカ語族最大の言語。メキシコシティーの南方を中心にメキシコ中部・西部に約 120万人の話し手をもつ。アステカ文明をになった言語で,16世紀からの文献がある。古典ナワトル語の tlという子音の変化の仕方により3つの方言に分類される。ナワトル Nahuatl語は tlを保った中央の方言である。これをlに変えた西部方言のナワル Nahual語,tに変えた東部方言のナワト Nahuat語,それにピピル語などを合せ,ナワ語族 (アステカ語族ともいう) という。この語族と同じ意味でナワトル語 (族) ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のナワトル語の言及

【アメリカ・インディアン】より

…北アメリカが最も進んでおり,次いで中央アメリカ,最も遅れているのが南アメリカである。ただしインカ帝国の言語で,現在ペルーをはじめ数ヵ国で約600万人により話されているケチュア語,高文化を誇ったメキシコのマヤ語,かつてのアステカ王国の言語であったナワトル語などは,16世紀に接触したヨーロッパの宣教師たちのアルファベットによる記録で早くから知られていた(しかし1850年以前の記述は言語の研究には不十分といわれる)。ア諸語の分類は,1891年にパウエルJ.W.Powellが北アメリカのものを語彙の観点から55の語族にまとめたのが最初だが,その分類は今日でも有効と見なされている。…

【ナワ】より

…アステカの言語であったナワトル語に属する各種方言を話す現代メキシコ最大のインディオ集団。人口102万(1977)ともいわれるが,5歳以上でナワトル語のみを話す人に限ると約30万である。…

※「ナワトル語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナワトル語の関連キーワードアメリカインディアン諸語ポポカテペトル[山]ユート=アステカ語族イスタクシワトル火山ラテンアメリカ文学モクテスマ(1世)アステカ=タノ語族ポポカテペトル火山テオティワカン文化イスタシワトル火山ケツァルコアトルチャプルテペクトラコタルパンアステカ民族アステカ文化アズテク諸語トルテカ族サアグーンミトラ遺跡テソソモク

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android