コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユート ユートJud, Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユート
Jud, Jakob

[生]1882.1.12. ウェンギ
[没]1952.6.15. リュットリ
スイスのロマンス語学者。 1922年チューリヒ大学ロマンス語学教授。語彙論言語地理学を中心に研究を進めた。特にその言語地理学においては,従来の歴史比較言語学の研究成果との統合をはかったことと,広く文化や物との関連で言語をとらえる「言葉と物」 Wörter und Sachenの手法を用いたことにより,J.ジリエロンの方法から大きく前進した。その過程にあっては K.ヤーベルクと長年にわたる共同研究をし,数々の業績を残している。主著『イタリア・南スイス言語民俗地図』 Sprach- und Sachatlas Italiens und der Südschweiz (8巻,1928~40,ヤーベルクと共著) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユートの関連キーワード西部開拓史/活躍した「英雄」たちメソアメリカインディアン諸語シラノ・ド・ベルジュラックイデオロギーとユートピアジェームズ ハリントン北アメリカインディアン宇和游の里ふれあい広場アングロ・サクソン人青森県八戸市一番町アステカ=タノ語族茨城県石岡市吉生K. ヤーベルクこの完全なる時代ディストピアマンフォード逆ユートピアザミャーチンチャヤーノフ無可有郷通信パイユート族

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユートの関連情報