コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンダデビ Nanda Devi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンダデビ
Nanda Devi

ヒマラヤ山脈西部,インド領のガルワールヒマラヤの最高峰。西峰 (7816m) と東峰 (7434m) から成り,約 3kmに及ぶ吊尾根になっている。山名はサンスクリット語で「祝福された女神」の意。西峰は 1936年イギリス=アメリカ合同隊によって,東峰は 39年ポーランド隊によって初登頂された。 51年東峰と西峰の縦走がフランス隊によって初めて試みられたが,隊長の R.デュプラと隊員1名が東峰頂上に向ったまま消息を絶った。このときデュプラが手帳に書き残した詩「もしかある日,おれが山で死んだら…」は,みずからの運命を予知したもので,今日でも多くの岳人の間で愛誦されている。 76年日本=インド合同隊 (隊長鹿野勝彦) が初の縦走に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android