縦走(読み)じゅうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾根歩き。山系尾根筋にある山道をたどりながらいくつかの頂上を連続してきわめる登山形式で,最も一般的かつ基礎的な方法。しかし,道のないところでは不規則な上下岩場,がれなど変化のある地形を克服しなければならず,体力的にも決して容易ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
縦または南北に貫き通って連なること。「半島を縦走する道路」
登山で、尾根伝いにいくつかの山頂を通って歩くこと。「北アルプスを縦走する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 縦に貫くこと。特に、山脈などが、縦に長く連なっていること。
※日本昆虫学(1898)〈松村松年〉昆虫内部の構造「血管組織〈略〉躰背部の中央に縦走せる長管あり」
※野火(1951)〈大岡昇平〉二三「道はレイテ島を縦走する脊梁山脈の西の山際に沿ってゐた」
② 登山で、尾根づたいに歩き、多くの山頂を踏んでいくこと。縦断。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縦走の関連情報