コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦走 じゅうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縦走
じゅうそう

尾根歩き。山系尾根筋にある山道をたどりながらいくつかの頂上を連続してきわめる登山形式で,最も一般的かつ基礎的な方法。しかし,道のないところでは不規則な上下や藪や岩場がれなど変化のある地形を克服しなければならず,体力的にも決して容易ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐そう【縦走】

[名](スル)
縦または南北に貫き通って連なること。「半島を縦走する道路」
登山で、尾根伝いにいくつかの山頂を通って歩くこと。「北アルプスを縦走する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうそう【縦走】

( 名 ) スル
縦方向に連なること。
登山で、尾根伝いにいくつかの山頂をきわめ歩くこと。 「奥秩父を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縦走の関連キーワードナンダ・デビ[山]ロッキー[山脈]バリサン[山脈]シロスジフジツボ駒ヶ岳(新潟県)インダス[川]白馬鑓[温泉]ポドザミテスアペニン山脈燕岳・燕嶽北アルプス釧網本線烏帽子岳チリポ山津軽山地十文字峠知床半島交換輸血ムロアジ松川温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縦走の関連情報