コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナントゥイユ ナントゥイユNanteuil, Robert

2件 の用語解説(ナントゥイユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナントゥイユ
ナントゥイユ
Nanteuil, Robert

[生]1623/1630頃.ランス
[没]1678.12.9. パリ
フランスの版画家。 N.ルニエッソンに版画の手ほどきを受けてからパリに出て,P.シャンパーニュから肖像画を,A.ボスから版画技法を学んだ。初めパステル画の肖像画家として出発したが,1648年頃に J.モランの技法をかりて最初の版画を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナントゥイユ【Robert Nanteuil】

1623‐78
フランスのビュラン彫の版画家,パステル画家。ランスに生まれ,パリに没した。1648年以降パリでP.deシャンペーニュA.ボスに師事。初め複製版画,次いで創作版画を手掛けた。57年王室肖像版画家となり,221点にのぼる精緻な肖像画をビュランで制作。うち144点はみずからデッサンに基づく。とくにルイ14世の王としての典型をつくり,貴顕・名士の肖像を彫った。版画家の地位の確立に寄与する一方,衣装と背景を担当する工房を率いていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ナントゥイユの関連キーワードヤン・ヨーステン藤堂高虎住友友以田代清治右衛門高取焼日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]徳川家光

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone