コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンバンギセル(南蛮煙管) ナンバンギセル Aeginetia indica

2件 の用語解説(ナンバンギセル(南蛮煙管)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンバンギセル(南蛮煙管)
ナンバンギセル
Aeginetia indica

ハマウツボ科の一年草。アジア東部の熱帯から温帯に広く分布し,日本各地の草原に生じる。ススキショウガなどの根に寄生し,全体に葉緑体を欠き,茎は短くほとんど地上に出ない。夏に,高さ 20cmぐらいの黄褐色の花茎を出し,舟形で赤褐色の萼をもつ長さ3~4cm,径 1cmほどの淡紫紅色の花冠の花が横向きに咲く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナンバンギセル【ナンバンギセル(南蛮煙管) Aeginetia indica L.】

低山地の草地に生え,ススキやショウガの根に寄生する葉緑体をもたないハマウツボ科の一年草(イラスト)。長い花柄の先に筒形の大きな紅紫色の花をつけ,パイプに似るので南蛮煙管の名がある。《万葉集》には思草(おもいぐさ)の名で出てくる。茎はごく短く,ほとんど地上にでず,黄色から赤褐色で,狭三角形の鱗片状の小さな葉をまばらにつける。7~9月ごろ葉のわきから,長さ15~30cmの花柄を伸ばし,先に1個の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナンバンギセル(南蛮煙管)の関連キーワードカリヤス(刈安)グラススキー根生姜陳生姜茗荷の子大油薄鉄引草乾生姜米薄生姜醤油

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone