コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオナンバンギセル おおなんばんぎせる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオナンバンギセル
おおなんばんぎせる / 大南蛮煙管
[学]Aeginetia sinensis G. Beck

ハマウツボ科の一年草。ヒカゲスゲやノガリヤスなどに寄生し、7~9月に花を開く。ナンバンギセルに比べ全体が大形で、淡紅紫色を帯び、線条がなく、萼(がく)の先は鈍くとがる。花冠裂片の縁(へり)に細歯がある。本州、四国、九州、沖縄、さらに中国にも分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオナンバンギセルの言及

【ナンバンギセル(南蛮煙管)】より

…北海道~沖縄,中国中部と南部,インドシナ,マレーシア,インドに分布する。近縁のオオナンバンギセルA.sinensis G.Beckは萼の先は鈍く,花冠裂片の縁に細かな歯牙がある。本州,四国,九州,中国中部に分布する。…

※「オオナンバンギセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオナンバンギセルの関連キーワードナンバンギセル(南蛮煙管)

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android