コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマウツボ科 ハマウツボか Orobanchaceae

2件 の用語解説(ハマウツボ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマウツボ科
ハマウツボか
Orobanchaceae

双子葉植物ハナシノブ目の1科で世界中に約 15属 180種あり,その多くは北半球の温帯に分布する。すべて寄生植物葉緑素を欠き,種子は宿主の根に触れたときだけ発芽する。花は左右相称の合弁花を穂状につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマウツボ科
はまうつぼか
[学]Orobanchaceae

双子葉植物、合弁花類。他の草や木の根に寄生する草本で、葉緑素はない。茎は太く、鱗片(りんぺん)葉を互生する。花は茎の頂に1個から数個、または総状に多数つき、両性で左右相称。花冠は五裂し、やや唇形をなす。雄しべは4本で、そのうち2本は長い。子房は上位、1室で2~6個の側膜胎座があり、多数の胚珠(はいしゅ)をつける。果実は(さくか)で二裂し、萼(がく)に包まれ、多数の微細な種子がある。おもに北半球の温帯から亜熱帯を中心に13属約150種あり、日本にはナンバンギセル属、ハマウツボ属、オニク属、キヨスミウツボ属の4属6種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハマウツボ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物被子植物主根合弁花類花忍網状脈双子葉類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマウツボ科の関連情報