コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマウツボ科 ハマウツボかOrobanchaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマウツボ科
ハマウツボか
Orobanchaceae

双子葉植物ハナシノブ目の1科で世界中に約 15属 180種あり,その多くは北半球の温帯に分布する。すべて寄生植物で葉緑素を欠き,種子は宿主の根に触れたときだけ発芽する。花は左右相称合弁花を穂状につける。日本にはハマウツボOrobancheのほかにナンバンギセル属 Aeginetia,キヨスミウツボ属 Phacellanthus,オニク属 Boschniakia,ヤマウツボ属 Lathraeaの各属がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマウツボ科
はまうつぼか
[学]Orobanchaceae

双子葉植物、合弁花類。他の草や木の根に寄生する草本で、葉緑素はない。茎は太く、鱗片(りんぺん)葉を互生する。花は茎の頂に1個から数個、または総状に多数つき、両性で左右相称。花冠は五裂し、やや唇形をなす。雄しべは4本で、そのうち2本は長い。子房は上位、1室で2~6個の側膜胎座があり、多数の胚珠(はいしゅ)をつける。果実は(さくか)で二裂し、萼(がく)に包まれ、多数の微細な種子がある。おもに北半球の温帯から亜熱帯を中心に13属約150種あり、日本にはナンバンギセル属、ハマウツボ属、オニク属、キヨスミウツボ属の4属6種が分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハマウツボ科の関連キーワードナンバンギセル(南蛮煙管)キヨスミウツボ(清澄靫)シマウツボ(島靫)オオナンバンギセルハマウツボ(浜靫)ナンバンギセルキヨスミウツボオニク(御肉)南蛮ギセルヤマウツボ南蛮煙管オニク蠅取草黄筒花清澄靫春駒草煙管草金精茸黄紫茸浜靫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android