コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーン ナーンNan

翻訳|Nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーン
Nan

タイ北部,ナーン県の県都。ルアンプラバン山脈のナーン川の谷にある。チーク材と農産物の取引が行われる。スコータイ朝期に建設された町で,チャーンガムウォーラウィハーン寺は,スリランカ様式を伝える。人口2万 3000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナーン(Nan)

タイ北部の町。チェンマイの東約200キロメートル、ナーン川沿いに位置する。15世紀頃にランナータイ王国の一部としてカーオ王国が支配。18世紀にビルマ系のナーン王国が実権を握り、豊富なチーク材により栄えた。かつての古い城壁の一部が残るほか、高さ55メートルの巨大な仏塔で知られるワットプラタートチェーヘーン、十字型の本堂をもつワットプーミンなどの仏教寺院がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナーン

チャパーティー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のナーンの言及

【インド料理】より

…それぞれ,具を練りこんだり包んだりしたバリエーションも多い。そのほか,精白粉を発酵させてからタンドールで焼いた木の葉形のパンはナーンとよばれ,これらパン類を総称してローティーともよぶ。北インドでは米はご馳走としての性格が強く,具とともに炊きこんだプラオ,さらに豪華な具を入れてココナッツミルクで炊いたビリヤーニーなどは,祝いの宴には欠かせない。…

【パン】より

…チャパーティー利用圏はアフガニスタン,イランにも及んでいるが,チャパーティーに類似したものも多く,油で焼くパラタ,油で揚げるプウリーなども無発酵のものである。ナーンはインド以西,中東,北アフリカの地中海岸にかけて広く普及している。ナーンは,発酵したいわば薄パンで,一晩置いたドウの薄板を,高熱のカマドの側壁に貼って焼く。…

【ローティー】より

…北インドで作られるパンの総称。チャパーティーchapati,ナーンnan,プーリーpuriなどの代表的パンや,そのバリエーションを含む。なかでも最も広い地域で日常的に作られるのはチャパーティーで,レストランでローティーとだけ注文すればこれが出てくる。…

※「ナーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナーンの関連キーワードヘレン・リーマンスナイダー マーティンブトルス・アルブスターニーブーイナニアマドラサスーザン ティレルダルマキールティラマナ・マハルシラコーン・ナーイチャオプラヤー川ピッサヌローク県ムーミンワールドチャンパーサックシリキット・ダムポンサーワダンエマームルードヤマトゥンチュ沖縄テレビ放送ナコーンサワンジェリコの戦いピッサヌロークケリー周遊路

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナーンの関連情報