ニグロリーグ(読み)にぐろりーぐ(英語表記)Negro League

日本大百科全書(ニッポニカ)「ニグロリーグ」の解説

ニグロリーグ
にぐろりーぐ
Negro League

アメリカの黒人選手の野球リーグ。黒人選手の大リーグ(メジャー・リーグ)への加入は試みられていたが、19世紀の人種差別の壁は厚かった。そこで、黒人だけのチームをつくり白人チームと対戦することを、フランク・トンプソンが1885年に始めた。これが好評で、数多くのチームができたが、リーグにまでは至らなかった。1920年カンザス・シティでニグロ・ナショナル・リーグができ、翌年ニグロ・イースタン・リーグが続いた。そして、1924年にはワールド・シリーズを行った。しかし、これは不況で解散し、南部の各リーグに組み入れられた。その後、1947年ジャッキー・ロビンソンのブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)入団に始まり、サッチェル・ペイジら有力選手が続々と大リーグに入り、ニグロリーグは消滅した。

[神田順治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android