ニコチンガム(英語表記)Nicoyine Gum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコチンガム
Nicoyine Gum

禁煙ガムニコチンを含むチューイングガムで,タバコを吸ったときと同じ状態になることで喫煙欲求を抑え,最終的に禁煙に導く。スウェーデンの ABレオ社が開発した医療用薬品で,日本でも 1994年3月,厚生省中央薬事審議会が輸入承認を答申した。販売名は「ニコレット」。かみ方によって,口腔粘膜からのニコチンの吸収量と吸収速度を調節できる。禁煙時の「口さみしさ」を解消して徐々にニコチン依存から脱却させようというもので,95ヵ国で承認,うち 64ヵ国では一般用医薬品として薬局で販売されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニコチン‐ガム(nicotine gum)

ニコチンを含んだガム。タバコ以外のものからニコチンを補給させることで禁煙させようという狙いで開発された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニコチンガム【nicotine gum】

禁煙を支援するために用いるガム製剤。体内にニコチンを少しずつ吸収させて、ニコチン離脱症状(禁断症状)を和らげる。禁煙ガム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニコチンガムの関連情報