コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル鉱物 ニッケルこうぶつ nickel mineral

1件 の用語解説(ニッケル鉱物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニッケルこうぶつ【ニッケル鉱物 nickel mineral】

ニッケルのおもな原料鉱物はペントランド鉱(硫化鉱物)とケイニッケル鉱(含水ケイ酸塩鉱物)である。超塩基性~塩基性マグマに含まれているニッケルは,マグマのケイ酸塩メルト(溶融物)と硫化物メルトへの分離が起こると,銅とともに硫化物メルトに入り,冷却して磁硫鉄鉱,黄銅鉱,ペントランド鉱の混合物となる。マグマが硫化物メルトを分離せず固結する場合には,ニッケルNi2+(イオン半径0.69Å)はマグネシウムMg2+(同0.66Å)との類似性からマグネシウムを含む鉱物(カンラン石(Mg,Fe,Ni)2SiO4等)に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニッケル鉱物の関連キーワードニッケルオデオンニッケルクロム鋼珪ニッケル鉱ニッケル鋼ニッケル銅ニッケル鍍金ニッケル乾電池猫はペントハウスに住む紅皮症のおもな原因スハペンドゥス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone