コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッポンマイマイ Satsuma japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッポンマイマイ
Satsuma japonica

軟体動物門腹足綱ナンバンマイマイ科。高 1.5cm,殻径 2cm。殻は円錐形で薄く,螺層は6階でふくらみは弱い。体層は大きく周縁は多少角張り,殻底はやや扁平。殻表は黄白色から淡赤褐色で,螺層では縫合に沿って,体層では周縁に細い褐色帯があり,その下に淡色帯もある。殻口の外唇は厚くなり多少開く。底唇には滑層瘤ができる。軟体部は淡褐色黒褐色の斑点を散らす。外套膜の上にも黒褐色の不規則な斑紋をもち,殻を透かして見ることができる。生殖器官に恋矢をもたない。雌雄同体であるが,交尾によって両方の個体が受精・産卵する。交尾に要する時間はマイマイ類のなかでは長く,5時間から 11時間ほどである。本州,四国東部に分布する。地方変異が多く,伊吹山付近のものは殻が大きく,周縁に強い角がありカドバリニッポンマイマイ S.j.carinataという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッポンマイマイ
にっぽんまいまい / 日本蝸牛
[学]Satsuma japonica

軟体動物門腹足綱ニッポンマイマイ科の巻き貝。陸生種で、本州と四国東部の低木の林などにすむ。殻高15ミリ、殻径20ミリに達する円錐(えんすい)形のカタツムリで、殻は淡黄色と赤褐色の二型がある。螺層(らそう)は六階で、体層の周囲に弱い角があり、その上に通常細い褐色帯を巡らす。殻口は親貝では縁が厚くなってわずかに外方へ開く。殻底の中央の臍孔(へそあな)は小さくて深い。殻の大きさや形には地方的変異があり、関東地方の基本型に対し、関西地方のものはスジイリニッポンマイマイS. j. granulosa、伊吹山(いぶきやま)付近のものは大形でカドバリニッポンマイマイS. j. carinataとよばれている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニッポンマイマイの関連キーワード日本蝸牛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android