コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニハイチュウ(二胚虫) ニハイチュウ

1件 の用語解説(ニハイチュウ(二胚虫)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニハイチュウ(二胚虫)【ニハイチュウ】

中生動物二胚虫目。体は長さ0.5〜0.6mmほどの円柱状で,25個くらいの細胞でできている。表面は繊毛でおおわれ,体内には遊離した軸細胞がある。前端部にある小型の細胞が8個集まった極帽で他物にもぐりこむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ニハイチュウ(二胚虫)の関連キーワード後生動物コークス水生動物側生動物中生動物土性アメーバ硬鋼微胞子虫目タクローボール

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone