ニヒル

精選版 日本国語大辞典 「ニヒル」の意味・読み・例文・類語

ニヒル

〘形動〙 (nihil) =ニヒリスティック
敗北文学(1929)〈宮本顕治〉八「芥川氏の文学が、我々を内容的には退嬰(たいえい)的なニヒルへ誘ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ニヒル」の意味・読み・例文・類語

ニヒル(〈ラテン〉nihil)

[形動]
虚無的。虚無主義的。ニヒリスティック。「ニヒル思想
冷たく醒めていて、暗い影のあるさま。「ニヒルな男」「ニヒルな笑い」
[類語]ニヒリスティックシニカルシニシズム虚無的退廃的デカダンデカダンス不健全不健康堕落自堕落放逸刹那的病的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android