コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自堕落 ジダラク

デジタル大辞泉の解説

じ‐だらく【自堕落】

[名・形動]
人の行いや態度などにしまりがなく、だらしないこと。また、そのさま。ふしだら。「自堕落な生活」
雑然としていること。また、そのさま。
「食物の商売は、ちひさき内の―なるがよしといへり」〈浮・永代蔵・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じだらく【自堕落】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
身持ちが悪くふしだらなこと。また、だらしないさま。 「 -な生活」 「帯が-になりましたから白縮緬の湯巻がちら〱見える/真景累ヶ淵 円朝
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自堕落の関連キーワードニュートン(Helmut Newton)荒地(T・S・エリオットの長編詩)ダーバービル家のテス賭博黙示録カイジよき愛の書真景累ヶ淵ダントン夫婦善哉百円の恋アレマンふしだら山崎北華身持ち狂文蕩心浮雲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自堕落の関連情報