コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刹那的 セツナテキ

デジタル大辞泉の解説

せつな‐てき【刹那的】

[形動]
時間が極めて短いさま。
あと先を考えず、今この瞬間だけを充実させて生きようとするさま。特に、一時的な享楽にふけるさま。「刹那的生き方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつなてき【刹那的】

( 形動 )
非常に短い時間であるさま。瞬間的。
目の前の快楽を求めるさま。 「 -な喜び」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刹那的の関連キーワードジェイムズ・M. ケインイーブリン ウォーアニマリズム大御所時代化政文化岩野泡鳴享楽喜び刹那溺惑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刹那的の関連情報