刹那的(読み)せつなてき

精選版 日本国語大辞典の解説

せつな‐てき【刹那的】

〘形動〙
① 時間がきわめて短いさま。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉四「細君を見た時、彼は刹那的(セツナテキ)に彼女の眼に宿る一種の怪しい力を感じた」
② 考え方に刹那主義の傾向があるさま。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二七「たった今何か考へた刹那的な考へも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せつな‐てき【刹那的】

[形動]
時間が極めて短いさま。
あと先を考えず、今この瞬間だけを充実させて生きようとするさま。特に、一時的な享楽にふけるさま。「刹那的生き方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android