コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニベルネ運河 ニベルネうんがCanal du Nivernais

世界大百科事典 第2版の解説

ニベルネうんが【ニベルネ運河 Canal du Nivernais】

フランス中央部に位置し,セーヌの支流ヨンヌ川ロアール川を結ぶ運河。ルイ13世の時代に計画されたが,実際に建設されたのは1784年から1842年にかけてで,ヨンヌ川沿岸のオーセールからロアール川沿岸のドゥシーズまで全長174.5kmにおよぶ。分水界である丘陵地帯を通過する区間は,標高265mで,オーセールとは162m,ドゥシーズとは66mの高度差がある。このため両側を合わせて,水門の数は116にのぼる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニベルネ運河の関連キーワードニベルネ