ロアール川(読み)ロアールがわ(英語表記)Loire River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアール川
ロアールがわ
Loire River

フランス中部を流れ大西洋に注ぐ,フランス最長の川。全長 1020km,流域面積 11万7000km2マシフサントラル(中央山地)の東部,アルデーシュ県西部のジェルビエドジョン山(1551m)のふもと,海抜 1370mのところに源を発し,ルピュイアンブレ盆地(→ルピュイアンブレ),フォレ盆地,ロアンヌ盆地を通りパリ盆地内に入る。オルレアン付近から流れを西に変え,ツールアンジェ付近を経てナントにいたり大西洋に注ぐ。河口北岸にナントの外港サンナゼールがある。中流部の河谷は気候が温暖でブドウの産地として知られるほか,ルネサンス時代の王侯貴族の城館が多く観光地としても有名。上流域はサンテティエンヌ工業地帯(→サンテティエンヌ)。フランス中央部一帯を流域に収め,セーヌ川ローヌ川と運河で結ばれているが,水量変化が非常に大きいため,近年水運利用度は低い。なお,ロアール川の支流サルト川には同音異字の小支流ロアール川 Loirがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロアール‐がわ〔‐がは〕【ロアール川】

Loire》フランス中部を流れる同国最長の川。中央高地南部に源を発し、ほぼ北流して、オルレアン地方で向きを西に転じ、ビスケー湾に注ぐ。長さ1020キロ。ロワール川。→ロアール渓谷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロアール川
ろあーるがわ
la Loire

フランス中部を流れて大西洋に注ぐ川。全長1020キロメートルは同国最長、流域面積11万5120平方キロメートルは全国土の5分の1強を占める。セベンヌ山地中部西麓(せいろく)の標高1408メートルに発し、南流してすぐ北に転ずる。ロアンヌを経て、ブルボネ、ブルゴーニュ両地方の間を北西流し、ヌベール下流で南からのアリエ川を入れ、オルレアンで転じて南西流し、トゥールの下流左岸でシェル川、アンドル川、ビエンヌ川と合流、ナントの下流に三角口を形成して大西洋に入る。河口の北側に港湾都市サン・ナゼールが位置する。オルレアン上流付近からセーヌ川へ、ヌベール付近からソーヌ川へ運河が通ずる。上流部はダムによる電源地帯、下流域には原子力発電所が建設されている。オルレアンから下流にはブロア城、ショーモン城、アンボアーズ城、ランジェ城、ソーミュール城とフランス王室ゆかりの名城が多く、ジャンヌ・ダルクにまつわるオルレアンとともに観光地となっている。[高橋 正]

世界遺産の登録

数々の名城が点在する流域が2000年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「シュリー・シュル・ロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android