コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンイモリ Japanese newt

1件 の用語解説(ニホンイモリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニホンイモリ【Japanese newt】

イモリ科イモリ属の代表的なイモリ(イラスト)。本州,四国,九州および大隅諸島などに分布し,全長8~13cm,雌のほうが大きい。赤い腹面に由来するアカハラなどの地方名がある。体型はトカゲ形で四肢と尾が発達し,尾は全長のほぼ1/2を占める。頭部,胴部ともにやや扁平で,尾は側扁して遊泳に適する。皮膚には顆粒(かりゆう)状の隆起が密に分布し,眼の後方には弱毒性の液を分泌する自衛用の耳腺が発達しており,腹面の鮮やかな赤紅色が標識色として効力を発揮する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニホンイモリの関連キーワード足無井守斎籠もり疣井守井守井守の黒焼籠もり声尻剣井守日本井守洞井守白い森おぐに

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニホンイモリの関連情報