コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューキノロン剤 ニューキノロンざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューキノロン剤
ニューキノロンざい

ピリドンカルボン酸と呼ばれる基本構造を持つ抗菌剤をキノロン剤と総称しているが,そのなかでも,ノルフロキサシン以降に開発されたキノロン剤をニューキノロン剤と呼んでいる。ノルフロキサシン以降のものは,それ以前のキノロン剤に比べ,効果のある菌の範囲が広がったこと,抗菌力が強まったこと,血中から組織への薬物の移行性が高まったことなどの特徴がある。また,ニューキノロン剤は,従来の抗生物質が届きにくかった胆のうや尿路などにもよく行き渡るので,これまで入院が必要だった感染症でも,一部では外来での治療が可能になった。しかし,ニューキノロン剤でも耐性菌の出現が報告され始めているほか,非ステロイド性抗炎症剤との併用でけいれんなどの副作用が出現する可能性があるなど,新たな問題も生じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニューキノロン剤の関連キーワード化学療法剤結核

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューキノロン剤の関連情報