ニューサンシャイン計画(読み)にゅーさんしゃいんけいかく(英語表記)New Sunshine Program

知恵蔵の解説

ニューサンシャイン計画

サンシャイン計画、ムーンライト計画を指す。地球環境関連の技術開発制度を統合、1993年度に始まった技術開発計画。通産省工業技術院(当時)を中心に、地球温暖化防止行動計画の実現に向けた革新的エネルギー技術の開発、地球再生計画の推進を目的とした国際大型共同研究、近隣途上国のエネルギー・環境制約に対応した適正技術の共同研究促進、の3つ。太陽電池燃料電池の研究開発の加速的推進、廃熱利用のエコ・エネルギー都市システム、水素安全利用等基盤技術開発、希薄燃焼脱硝触媒技術などを含む。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニューサンシャイン‐けいかく〔‐ケイクワク〕【ニューサンシャイン計画】

《ニューサンシャインは、〈和〉new+sunshine》経済産業省が進めた「エネルギー・環境領域総合技術開発推進計画」の通称。新エネルギーを開発し省エネルギーを推進するために、昭和49年(1974)に発足したサンシャイン計画(石炭の液化・ガス化、太陽電池など新エネルギー技術の開発)、昭和53年(1978)発足のムーンライト計画(燃料電池超伝導など省エネルギー技術の開発)などを統合して平成5年(1993)に発足。平成12年(2000)に終了。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android