ニルアドミラリ

精選版 日本国語大辞典「ニルアドミラリ」の解説

ニル‐アドミラリ

〘名〙 (nil admirari) (形動) 何事にも無感動なこと。また、そのさま。ローマの詩人ホラティウスの「書簡詩」に見える言葉。
舞姫(1890)〈森鴎外〉「日記ものせむとて買ひし冊子もまだ白紙のままなるは、〈〉、一種の『ニル・アドミラリイ』の気象をや養ひ得たりけむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ニルアドミラリ」の解説

ニル‐アドミラリ(〈ラテン〉nil admirari)

[名・形動]何事にも驚かないこと。また、そのさま。無感動。
「あらゆることに対して―な」〈高見故旧忘れ得べき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android