ニンギョウトビケラ(読み)にんぎょうとびけら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンギョウトビケラ
にんぎょうとびけら / 人形石蚕・人形飛螻
oerid caddi

昆虫綱トビケラ目エグリトビケラ科ニンギョウトビケラ属の昆虫の総称、あるいはそのなかの一種。この類は、成虫は黄褐色、毛に覆われる。触角第一節は伸長・肥大している。
 ニンギョウトビケラGoera japonicaは、前翅(ぜんし)長約10ミリ、中形のトビケラ。幼虫は亜蚕児(さんじ)型、小砂粒をつづり合わせ円筒形の巣をつくり、その両側端に数個の大砂粒を付着させる。巣の形が人形に似るため、江戸期から銘物とされ、現在も山口県岩国では名産「人形石(いし)」として売られる。おもに河川に生息し、山地渓流から平地河川まで広く分布する普通種。ときには池沼でもみられる。水底に付着する藻類などを餌(えさ)とする。[谷田一三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニンギョウトビケラの言及

【トビケラ(飛螻蛄)】より

…日本から知られている代表的な種をあげると次のようなものがある。大型な種で幼虫がよくアオムシと呼ばれて釣餌に使われるチャバネヒゲナガトビケラ,幼虫が急流にすむ小型のタニガワトビケラ,世界各地に広く分布するシマトビケラのなかのナカハラシマトビケラとエチゴシマトビケラ,現存するトビケラのうち,もっとも原始的なものの一つとみなされているオオナガレトビケラ,体長わずかに0.2~0.3mmの最小のウスグロヒメトビケラ,幼虫が静水中に生息している比較的大型なウスバキトビケラとエグリトビケラ,幼虫がつくる筒巣が人形のように見えるニンギョウトビケラ,日本産トビケラのなかでもっとも大型(体長20~25mm)で,翅の斑紋が大きく美しい紫色をしたムラサキトビケラ,前・後翅に大きな黄色または白色の斑紋があり,一見眼のようにみえるヨツメトビケラなどである。【小林 峯生】。…

※「ニンギョウトビケラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android