コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌオボ城 ヌオボジョウ

デジタル大辞泉の解説

ヌオボ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ヌオボ城】

Castel Nuovo》イタリア南部、カンパニア州の都市ナポリにあるルネサンス様式の城。イタリア語で「新しい城」を意味し、卵城と区別するために命名された。13世紀にアンジュー家のナポリ王カルロ1世が建造し、15世紀にアラゴン家のアルフォンソ1世(寛大王)により再建。見張りのための五つの円塔をもつ城壁に囲まれる。アンジュー朝時代に建てられたパラティーナ礼拝堂には、ジョットによるフレスコ画が残る。現在は市立博物館として公開されている。アンジュー砦カステルヌオボ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヌオボ城の関連キーワードサンタポリナーレヌオボ聖堂里海ニュー・シネマ・パラダイストリアッティバチカン美術館ポー河の水車小屋ゴダール(Jean-Luc Godard)中世文学デ・シーカトルナトーレ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android