コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵城 タマゴジョウ

デジタル大辞泉の解説

たまご‐じょう〔‐ジヤウ〕【卵城】

Castel dell'Ovo》イタリア南部、カンパニア州の都市ナポリ、サンタルチア地区にある古城。12世紀にノルマン人により要塞として建造された。名称は、魔術師が城に埋め込んだ卵が割れる時、ナポリに災いが起きるという伝説にちなむ。アンジュー家の時代には倉庫として使われ、続くスペイン支配時代には大砲を備えて要塞化が進められた。カステルデッローボ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

卵城の関連キーワードナポリ歴史地区サンタルチア港ヌオボ城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android