コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌドラ

百科事典マイペディアの解説

ヌドラ

ザンビアの中北部の都市。国境を接するコンゴ民主共和国へ続く,銅鉱山地帯の中心となる鉱工業都市で,標高1300mの高原上に位置している。銅精錬や鉱山機械製造などの銅生産に関連する工業のほか,セメント製造,砂糖精製など各種の工業も行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌドラ【Ndola】

アフリカ南部,ザンビア中北部にある鉱工業都市。人口37万6000(1990)。コッパーベルト州の州都でもある。標高1300mの高原地帯にあり,熱帯にありながら寒暑の差が著しい。隣国コンゴ民主共和国(旧,ザイール)に続く銅鉱山地帯の中心で,首都ルサカとコンゴ民主共和国を結ぶ鉄道や道路の要衝であり,航空網の一中心でもある。銅製錬,鉱山器具製造など銅生産に関連する工業から,自動車組立て,セメント,履物,セッケン,砂糖など各種の工業が発達し,商業活動も活発である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌドラの関連キーワードドリオンヌドーラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android