コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌハク・プームサバン ヌハク・プームサバンNouhak Phoumsavan

1件 の用語解説(ヌハク・プームサバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌハク・プームサバン
ヌハク・プームサバン
Nouhak Phoumsavan

[生]1914.4.9. フランス領インドシナムクダハン
[没]2008.9.9. ラオスビエンチャン
ラオスの政治家,抵抗運動指導者。農民の出身。スファヌボン殿下らと抗仏独立闘争の中心となり,1945年フランス軍の復帰に反対する反仏闘争中はベトミンのラオス連絡員を務めた。ベトナムを中心とするインドシナ共産党に入党後,自由ラオスラオ・イッサラ)に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌハク・プームサバンの関連キーワードイタリア映画ロッキード事件フランツゼーデルブロム長谷場純孝常陸山谷右衛門バーナーズ広域噴火熱雲湯浅景介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone