コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌハク・プームサバン Nouhak Phoumsavan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌハク・プームサバン
Nouhak Phoumsavan

[生]1914.4.9. フランス領インドシナムクダハン
[没]2008.9.9. ラオス,ビエンチャン
ラオスの政治家,抵抗運動指導者。農民の出身。スファヌボン殿下らと抗仏独立闘争の中心となり,1945年フランス軍の復帰に反対する反仏闘争中はベトミンのラオス連絡員を務めた。ベトナムを中心とするインドシナ共産党に入党後,自由ラオス(ラオ・イッサラ)に参加。1950年自由ラオス戦線(のちラオス愛国戦線パテト・ラオ〉に改称)政府の大蔵大臣,外務大臣となり,1954年にはジュネーブ会議の同政府代表を務め,1963年パテト・ラオ中央常任委員の筆頭となった。パテト・ラオの経済政策面での実力者といわれ,1972年にラオス人民革命党 LPRPを共同設立し,1975年12月ラオス人民民主共和国政府の樹立時には副首相兼蔵相に就任。1992~98年大統領を務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌハク・プームサバンの関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィス第1次世界大戦イタリア映画カミュ第二次世界大戦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android