コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌファリジン ヌファリジン nupharidine

1件 の用語解説(ヌファリジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌファリジン
ヌファリジン
nupharidine

スイレン科植物のコウホネ Nuphar japonicumN.luteumなどの根茎に存在するアルカロイド。化学式 C15H23NO2 。融点 221℃,比旋光度 (水) ,アルコールクロロホルム,希酸にはよく溶け,石油エーテルには難溶である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヌファリジンの言及

【スイレン】より

…種子や根茎はデンプンを多く含み,食用にされることもある。また根茎はヌファリジンnupharidineを含み,胃腸薬として使われている。【伊藤 元己】
[園芸品種]
 観賞用のスイレン類には交配などによって改良された多くの品種がある。…

※「ヌファリジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌファリジンの関連キーワードコウホネ(河骨)スイレン科禾穂河骨沙列布小穂睡蓮川骨抽水植物熱帯スイレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone