コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河骨 カワホネ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐ほね〔かは‐〕【河骨】

こうほね

こう‐ほね〔かう‐〕【河骨/川骨】

スイレン科の多年草。小川や池沼に生え、葉は長さ約30センチの長楕円形で、基部は矢じり形。夏、花柄を水上に出し、黄色の花びら状の萼(がく)をもつ花を1個つける。かわほね。 夏》「橋の下闇し―の花ともる/青邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

河骨 (コウホネ・カワホネ)

学名:Nuphar japonicum
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

河骨の関連キーワード北オホーツク道立自然公園春の小川高野公彦木山捷平きせる根蓴菜茶花下闇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河骨の関連情報