河骨(読み)かわほね

デジタル大辞泉「河骨」の解説

こう‐ほね〔かう‐〕【河骨/川骨】

スイレン科の多年草。小川や池沼に生え、葉は長さ約30センチの長楕円形で、基部は矢じり形。夏、花柄を水上に出し、黄色の花びら状のがくをもつ花を1個つける。かわほね。 夏》「橋の下闇し―の花ともる/青邨

かわ‐ほね〔かは‐〕【河骨】

こうほね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「河骨」の解説

河骨 (コウホネ・カワホネ)

学名Nuphar japonicum
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android