コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマジカ ヌマジカ Blastocerus dichotomus; marsh deer

2件 の用語解説(ヌマジカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマジカ
ヌマジカ
Blastocerus dichotomus; marsh deer

偶蹄目シカ科。別名アメリカヌマジカ。体長 2m,体高 1.4m内外の南アメリカ最大のシカ。体は赤茶色で,ややほっそりとしている。雄だけに角があり,その長さは 60cm内外に達する。角の枝数は4~5枝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマジカ
ぬまじか / 沼鹿
marsh deer
[学]Odocoileus (Blastoceros) dichotomus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。アメリカヌマジカともいう。南アメリカ産のシカ類のなかでは最大種で、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン北部などに分布するが、絶滅の危機に瀕(ひん)しており、ウルグアイではすでに絶滅したようである。肩高110~120センチメートル、体重100~150キログラム。夏毛は美しい黄赤色を呈するが、冬毛は赤褐色となる。尾はわりに長く房毛で、驚くと尾を立てる。名のとおり沼地、河川、小川周辺の森林にすみ、水草を主食とする。湿地帯を歩きやすいように、ひづめは長く7、8センチメートルに達し、大きく広げることができ副蹄も長い。単独か、1頭の雄および数頭の雌と子からなる6頭ぐらいの小群で暮らし、夜明けごろと夜間に活動する。角(つの)は大きく落角時期は一定していない。妊娠期間は12か月で、1産1子を産む。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌマジカの関連キーワードオジロジカダマジカミュールジカワピチシカ(鹿)ツシマジカアメリカヌマジカバラシンガジカパンパスジカヘラジカ(篦鹿)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone