コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマジカ Blastocerus dichotomus; marsh deer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマジカ
Blastocerus dichotomus; marsh deer

偶蹄目シカ科。別名アメリカヌマジカ。体長 2m,体高 1.4m内外の南アメリカ最大のシカ。体は赤茶色で,ややほっそりとしている。雄だけに角があり,その長さは 60cm内外に達する。角の枝数は4~5枝。ブラジルからアルゼンチンにかけて,森林地帯の湿地,水辺にすむ。おもに夜間活動し,草や水生植物を食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマジカ
ぬまじか / 沼鹿
marsh deer
[学]Odocoileus (Blastoceros) dichotomus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。アメリカヌマジカともいう。南アメリカ産のシカ類のなかでは最大種で、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン北部などに分布するが、絶滅の危機に瀕(ひん)しており、ウルグアイではすでに絶滅したようである。肩高110~120センチメートル、体重100~150キログラム。夏毛は美しい黄赤色を呈するが、冬毛は赤褐色となる。尾はわりに長く房毛で、驚くと尾を立てる。名のとおり沼地、河川、小川周辺の森林にすみ、水草を主食とする。湿地帯を歩きやすいように、ひづめは長く7、8センチメートルに達し、大きく広げることができ副蹄も長い。単独か、1頭の雄および数頭の雌と子からなる6頭ぐらいの小群で暮らし、夜明けごろと夜間に活動する。角(つの)は大きく落角時期は一定していない。妊娠期間は12か月で、1産1子を産む。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヌマジカの関連キーワードバラシンガジカ増井光子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android