ネイマン(読み)ねいまん(英語表記)Jerzy Neyman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイマン
ねいまん
Jerzy Neyman
(1894―1981)

数理統計学者。ポーランドに生まれ、ウクライナのハリコフ工科大学で学んだ。1925年イギリスに渡り、ロンドン大学のカール・ピアソン研究所で研究し、今日われわれの常用する仮説検定法と信頼区間による推定法を完成した。これらはR・A・フィッシャーの推定論を厳密に数学的に定式化したものともみられる。前者はE・S・ピアソンEgon Sharpe Pearson(1895―1980)の協力を得ている。また、標本抽出調査法の正当性を初めて理論的に基礎づけた。そのほか、彼の研究は統計学全般にわたっている。1958年にアメリカに移住し、カリフォルニア大学バークリー校に統計学研究所を創設して活躍した。[米田桂三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ネイマン

生年月日:1894年4月16日
アメリカ(ルーマニア生まれ)の推計学者
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android