コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネウストリア Neustria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネウストリア
Neustria

メロビング朝時代のフランク王国の一分国。フランク王国の領土は,初め数個の分邦に分れていたが,次第に南西ドイツからフランス北部にいたる北東部のアウストラシアと,セーヌ流域を中心とする西部のネウストリアに分けられるようになった。ネウストリアとは「新しい国土」の意。9世紀以降その意味する地域はだんだん狭くなり 11~12世紀にはノルマンディー北方だけをさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のネウストリアの言及

【メロビング朝】より

…相続の方法は前回と同じであるが,4人の相続者のうちカリベルトの死(567)後の3分国が以後定着する同朝の分国図となった。旧ランス分国を主体とする,ゲルマン勢力の強いアウストラシア(東分国,王都メッツ),セナトール(元老院)貴族などのローマ勢力が濃厚に残存する,旧オルレアン分国を核とするブルグント(王都シャロン・シュル・ソーヌ)および両勢力がほぼ伯仲する,旧ソアソンを中心とするネウストリア(西分国,王都パリ)の3分国がそれである。前回では,隣接して置かれた王都が,今回では各分国のほぼ中央部に移動しており,このことは各分国の分立的傾向の深まりを示している。…

※「ネウストリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネウストリアの関連キーワードロベール・ル・フォールクロタール[2世]ダゴベルト[1世]カール・マルテルカルル・マルテルヒルペリヒ1世クロタール2世ヒルペリヒ2世クロービス2世ダゴベルト1世ピピン[2世]ジゲベルト3世ピピン(中)ブルンヒルダブルンヒルデグントラムルイ3世中世社会ソアソンリジュー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android