コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオジム磁石 ネオジムジシャク

デジタル大辞泉の解説

ネオジム‐じしゃく【ネオジム磁石】

ネオジム、鉄、ホウ素を主成分とする永久磁石希土類磁石の一で、実用化されている磁石の中で最も磁力が強い。加熱すると熱消磁を起こしやすいため、ジスプロシウムを添加して保磁力を向上させる。ハードディスク、携帯電話、ヘッドホン、ハイブリッドカーのモーターなどに用いられる。昭和57年(1982)、佐川真人が発明。ネオジム鉄ボロン磁石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ネオジム磁石の関連キーワードサマリウムコバルト磁石日産 ハイパーミニプラセオジム磁石ネオ鉄ボロン希土類フリー

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネオジム磁石の関連情報