コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオジム磁石 ネオジムジシャク

1件 の用語解説(ネオジム磁石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネオジム‐じしゃく【ネオジム磁石】

ネオジム、鉄、ホウ素主成分とする永久磁石希土類磁石の一で、実用化されている磁石の中で最も磁力が強い。加熱すると熱消磁を起こしやすいため、ジスプロシウムを添加して保磁力を向上させる。ハードディスク携帯電話ヘッドホンハイブリッドカーモーターなどに用いられる。昭和57年(1982)、佐川真人が発明。ネオジム鉄ボロン磁石

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネオジム磁石の関連情報