硼素(読み)ホウソ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐そ〔ハウ‐〕【×硼素】

硼素族元素の一。黒褐色の硬い固体。常温では安定で、化学的性質は珪素(けいそ)に似る。多数の同素体が知られ、天然には硼酸などとして存在する。高純度のものはp型半導体などに使用。元素記号B 原子番号5。原子量10.81。
[補説]硼素の同位体10Bには中性子を吸収しやすい性質があり、がんの治療(中性子捕獲療法)や、原子炉の制御材などとして利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐そ ハウ‥【硼素】

〘名〙 非金属元素の一つ。元素記号B、原子番号五、原子量一〇・八一一。黒褐色のかたい固体。純粋な単結晶は得にくく、無定形の粉末と、金属光沢をもつ結晶がある。常温では安定。天然に酸・硼砂として産出し、無水硼酸や、硼酸の原料となる。〔明六雑誌‐二二号(1874)化学改革の大略〈清水卯三郎〉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android