硼素(読み)ホウソ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐そ〔ハウ‐〕【×硼素】

硼素族元素の一。黒褐色の硬い固体。常温では安定で、化学的性質は珪素(けいそ)に似る。多数の同素体が知られ、天然には硼酸などとして存在する。高純度のものはp型半導体などに使用。元素記号B 原子番号5。原子量10.81。
[補説]硼素の同位体10Bには中性子を吸収しやすい性質があり、がんの治療(中性子捕獲療法)や、原子炉の制御材などとして利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android