佐川真人(読み)さがわ まさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐川真人 さがわ-まさと

1943- 昭和後期-平成時代の電気工学者,経営者。
昭和18年8月3日生まれ。東北大博士課程を修了後,昭和47年富士通に入社。57年住友特殊金属(日立金属)に入社。同年世界最高性能の永久磁石のNd-Fe-B(ネオジム--ほう)系磁石の組成を発見。59年大阪科学賞,60年科学技術庁長官賞,61年アメリカ物理学会のInternational Prize for New Materialsなどを受賞。63年インターメタリックスを設立し社長に就任。平成2年朝日賞。15年本多記念賞。24年「世界最高性能Nd-Fe-B系永久磁石の開発と省エネルギーへの貢献」で日本国際賞を受賞。徳島県出身。神戸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐川真人の関連情報