コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオレゲリア Neoregelia

世界大百科事典 第2版の解説

ネオレゲリア【Neoregelia】

パイナップル科の植物で,ブラジル東部の熱帯雨林に約40種があり,その多くは着生植物である。葉の基部は互いに巻き重なって浅い筒状になり,水をためている。花序はその水中にあって,開花時に花だけ水面上に出ることが多い。葉縁には細かいが硬いとげがある。ネオレゲリア・カロリナエN.carolinae (Velt.) L.B.Sm.は褐色を帯びた細い緑葉で目だたないが,開花期になると,葉の基部の幅広い筒状部が赤色になり,長期間美しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオレゲリア
ねおれげりあ
[学]Neoregelia

パイナップル科ネオレゲリア属の総称。観賞用アナナスの仲間で、ツマベニアナナスやネオレゲリア・トリカラーなどがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネオレゲリアの関連キーワードパイナップル科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android