コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコノチチ(猫の乳) ネコノチチRhamnella franguloides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネコノチチ(猫の乳)
ネコノチチ
Rhamnella franguloides

クロウメモドキ科の落葉高木。西日本の太平洋側の暖地雑木林に生える。葉は長さ6~10cmの倒卵状長楕円形で,先端は尾状にとがり,基部は円形で微細な鋸歯がある。表面は帯黄緑色で毛はなく,羽状脈は表面でくぼむ。基部に小さな托葉がある。夏に,葉腋から短い柄を出し,先端に柄のある黄白色の小花を数個集めてつける。小さな三角形状の萼片と,花弁が各5枚あり,おしべも5本ある。果実は長楕円形の核果で,長さ 1cmほどあり,黒色に熟して多少光沢がある。和名は果実の形による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネコノチチ(猫の乳)の関連キーワードクロウメモドキ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android