コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズ・パース族 ネズ・パースぞくNez Percé

翻訳|Nez Percé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズ・パース族
ネズ・パースぞく
Nez Percé

アメリカ,アイダホ州からワシントン州ならびにオレゴン州にかけて,スネーク川下流域を中心に居住する北アメリカインディアンの一民族。その名はフランス語で穿孔された鼻の意。ペヌティ語族のなかのサハプティン語を話す。高原型の文化を基調とするが,隣接する平原インディアンからも文化的影響を受けている。サケが遡上する川の近くに集落を築き,草ぶきの大家屋に暮した。主食は乾燥させたサケであるが,そのほかの獲物や果実などもとった。 18世紀にウマが導入されて以後,彼らの生活は急速な変貌をとげ,遠くロッキー山脈を越えて野牛狩りや交易のための遠征を行なった。戦闘や乗馬の風習は平原インディアンから学んだものが多い。 M.ルイスと W.クラークの探検以来,彼らの土地に白人移住者が殺到し,1855年には指定居留地が設定されたが,それも金鉱の発見によって大幅に削減されてしまった。彼らの白人への敵意は 77年のネズ・パース戦争に結集され,合衆国軍隊と5ヵ月に及ぶ死闘を続けた。推定約 1500人がアイダホ州の指定居留地に住むが,大部分の人々は居留地外で生活している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のネズ・パース族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…コロンビア川,フレーザー川の上流には季節的にサケがさかのぼる。ネズ・パース族,フラットヘッド族,クテナイ族などの原住民は,この乾燥草原地帯や山麓地帯で,野生植物の種子の採集やビーバー,ヤギ,オオシカなどの狩猟,季節的にサケの漁労に従事してきた。
[南西部文化領域]
 この文化領域はメキシコ北西部(チワワ,ソノラ)とアメリカ合衆国のアリゾナ,ニューメキシコ両州,コロラド,ユタ両州の南部からなり,コロラド川,リオ・グランデ川の上流域にあたる。…

※「ネズ・パース族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネズ・パース族の関連キーワードホイットマンマイルズ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android