ネッチェル(英語表記)Netscher, Caspar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッチェル
Netscher, Caspar

[生]1639. ハイデルベルク
[没]1684.1.15. ハーグ
オランダの画家。ドイツに生れ,幼いときにアルンヘムに行き静物画家 H.コステルに学んだのち,デーフェントルで G.テルボルヒの教えを受けた。 1658年または 59年ローマに向けて船出したが,61年までボルドーに滞在していたと思われる。 62年に帰国し,以来ハーグに定住。初期のすぐれた風俗画にはテルボルヒと G.メッツの影響がみられる。後年に小型の肖像画で名声を確立,聖書や神話を主題とする作品も描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android