コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コステル Coster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コステル
Coster

[生]1370頃
[没]1440?
オランダの活字印刷発明者。本名ラウレンス・ヤンスゾーン Laurens Janszoon。ハールレムの教会の聖器保管を職務とした。 1423年頃活字印刷を発明したといわれているが,ドイツの J.グーテンベルクを最初の発明者とする説が一般的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コステル【Laurens Janszoon Coster】

1405‐84
オランダの印刷工。木挽(こびき),教会の堂守,商人という説もある。1430年ころに生地ハールレムで印刷工をしていたことだけは確かである。言い伝えでは,彼は活字印刷術の発明者であり,グーテンベルクがその発明者とされているのは,コステルの弟子のファウストゥスがその技術をドイツのマインツに持逃げしたからであるという。ただコステルの印刷したものが現存しないので,真偽ははっきりしていない。ハールレムの市の中心にある聖バーボ教会(改革派)の前に銅像が立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコステルの言及

【印刷】より


[活版印刷の誕生]
 ヨーロッパに活字印刷(活版印刷)が始まったのは15世紀半ばであるが,その最初の考案者が誰であったかについては異説がある。その中で有力なのはオランダ人コステルJ.Costerとドイツ人グーテンベルクJ.Gutenbergをあげる説である。主としてオランダ人学者の説によると,コステルはすでに1423年ごろ活字印刷術を発明しており,グーテンベルクはその技術を盗んだというが,明確な点はまだ確かめられていない。…

※「コステル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コステルの関連キーワードベルギー文学ネッチェルブカブ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コステルの関連情報