コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネナシカズラ(根無蔓) ネナシカズラCuscuta japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネナシカズラ(根無蔓)
ネナシカズラ
Cuscuta japonica

ヒルガオ科の一年草。東アジアに分布し,日本各地に自生する。緑葉はなく低木や草などにからまって寄生する。茎は針金状のつるとなり無毛,淡黄色でときに紫褐色の斑点がある。長さ約 2mmの鱗片状の葉がある。8~10月に,淡い青白色の小花をやや穂状につける。花冠は鐘形で,長さ約 4mmあり上部は5裂する。果実は楕円状卵形で,熟すると上半部がふたとなってとれ,径約 3mmの種子数個を出す。種子を粉末にして酒に入れて飲むと,強壮,強精,利尿に効果があるといわれ,茎をすりつぶしたものは,にきびの民間治療薬として用いられる。近縁のマメダオシ (豆倒し) ハマネナシカズラ (浜根無蔓) を含めてネナシカズラと総称することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネナシカズラ(根無蔓)の関連キーワードマメダオシ(豆倒し)ヒルガオ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android