ネルンスト‐プランクの定理(英語表記)Nernst-Planck's theorem

法則の辞典の解説

ネルンスト‐プランクの定理【Nernst-Planck's theorem】

熱力学の第三法則*とも呼ばれる.化学的に単一な固体のエントロピーは,絶対零度において有限の値に近づくとしたのはプランクであるが,この値がゼロである(あってもかまわない)としたのはネルンストである.この結果としてわれわれはエントロピーの絶対値を考えることが可能となり,アインシュタインデバイの比熱式*ギブス‐ヘルムホルツの式*などの熱理論に関する重要な原点となった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android