コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱力学第三法則 ねつりきがくだいさんほうそくthird law of thermodynamics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱力学第三法則
ねつりきがくだいさんほうそく
third law of thermodynamics

ネルンストの熱定理またはネルンスト=プランクの定理ともいう。絶対零度でのエントロピーに関する法則。この法則から,絶対零度に近づくと比熱や熱膨張率がゼロに近づいて絶対零度には到達できないことが帰結され,また化学反応の平衡定数が決定される。1906年 W.H.ネルンストは絶対零度に近づけばエントロピー S の変化 ΔS はゼロに近づくことを主張し,さらに M.プランクはエントロピー自身がゼロに近づくことを主張した。統計力学によれば,ボルツマンの原理 Sk log W (k はボルツマン定数) によって絶対零度では微視的状態の数 W が 1となり,基底状態が縮退していないことになるが,これは予想されることである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつりきがく‐だいさんほうそく〔‐ダイサンハフソク〕【熱力学第三法則】

熱力学の法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熱力学第三法則の関連キーワードエネルギー等分配則ボルツマンガラス状態ジオーク熱力学

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android