ノエシス・ノエセオス(英語表記)noēsis noēseōs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストテレスの有名な言葉で,より正確には hē noēsis noēsis noēseōs (その思惟は思惟の思惟) 。理性 nous (思惟するもの) とその思惟の対象 noētonが同一であることを意味し,感覚や表象を介して行われる人間の思惟と区別された「第一の不被動の動者」としての神の「自体的な思惟」の形成をいう。なぜなら完全現実態本性とする神の思惟はみずからが不被動の動者として究極の存在であるゆえに思惟の対象を自分の外にもつことができないからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android