思惟(読み)しゆい

精選版 日本国語大辞典「思惟」の解説

し‐ゆい【思惟】

〘名〙
※今昔(1120頃か)一「大臣、答へて云く、此の事、善く可令思(しゆいせしめ)給しと」
※太平記(14C後)八「寄手は又、思の外敵大勢なるよと思惟(シユイ)して」
② 仏語。考えめぐらすこと。思いはからうこと。しい。
※法華義疏(7C前)一「其有三種五濁、七種学人。亦有思惟習気
※仮名草子・夫婦宗論物語(1644‐46頃)「五劫(ごこう)思惟(シユイ)の後、南阿彌陀仏と名を呼ばれ」 〔無量寿経‐上〕
③ 仏語。親鸞では、思惟を正受と対応させ、正受は他力の信力、思惟を方便と解する。
※教行信証(1224)六「言教我思惟者即方便也」

し‐い ‥ヰ【思惟】

〘名〙 (「い」は「惟」の漢音)
① 思うこと。考えること。思考。しゆい。〔広益熟字典(1874)〕
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一「言葉敵手(がたき)などのあらざるこそ結句幸ひぞと思惟(シヰ)せるが如く」 〔漢書‐董仲舒伝〕
③ 哲学で、感覚、知覚以外の認識作用。分析、総合、推理、判断などの精神作用をいう。〔哲学階梯(1887)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「思惟」の解説

し‐い〔‐ヰ〕【思×惟】

[名](スル)
考えること。思考。「思惟の方法」「心中思惟
「貧乏を根治するの策は、一に貧民の所得を増加するにあるがごとく―す」〈河上肇貧乏物語
哲学で、感覚・知覚と異なる知的精神作用。→思考
しゆい(思惟)1

し‐ゆい【思×惟】

[名](スル)
仏語。対象を心に浮かべてよく考えること。また、浄土の荘厳しょうごんを明らかに見ること。
しい(思惟)」に同じ。
「つくづく静かに―すれば」〈露伴・二日物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「思惟」の解説

【思惟】しい(ゐ)・しゆい

思う。考える。・曹植〔親親を通ずるを求むる表〕古人ずる、風の詠ずる、復(ま)た世に存す。臣伏して自ら思惟するに、錐刀(すいたう)の用(小刀ほどの役だち)無(なか)らんや。

字通「思」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android