ノコギリヒラタムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ノコギリヒラタムシ【Oryzaephilus surinamensis】

甲虫目ホソヒラタムシ科の昆虫。世界各地に分布する。成虫は茶褐色で体長約3mm。胸の側面にはその名のようにのこぎり状の歯があり,英名もsaw‐toothed grain beetle。別名ノコギリコクヌストと呼ばれるが,穀物だけでなくビスケット,キャンディ,干しブドウ,干し肉など多くの食品の中から成虫,幼虫が見いだされる。穀物では主としてコクゾウムシやメイガ類などによって食害された中に見いだされる。こうじやイースト,他の昆虫なども食べる雑食性である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android