コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコギリヒラタムシ

栄養・生化学辞典の解説

ノコギリヒラタムシ

 [Oryzaephilus surinamensis].ノコギリコクヌストともいう.コウチュウ目カブトムシ亜目ホソヒラタムシ科に属する.穀物,菓子などを食害する昆虫.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノコギリヒラタムシ【Oryzaephilus surinamensis】

甲虫目ホソヒラタムシ科の昆虫。世界各地に分布する。成虫は茶褐色で体長約3mm。胸の側面にはその名のようにのこぎり状の歯があり,英名もsaw‐toothed grain beetle。別名ノコギリコクヌストと呼ばれるが,穀物だけでなくビスケット,キャンディ,干しブドウ,干し肉など多くの食品の中から成虫,幼虫が見いだされる。穀物では主としてコクゾウムシやメイガ類などによって食害された中に見いだされる。こうじやイースト,他の昆虫なども食べる雑食性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノコギリヒラタムシの関連キーワードアリガタバチ粉扁虫鋸穀盗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android