ノタヌキモ(読み)のたぬきも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノタヌキモ
のたぬきも / 野狸藻
[学]Utricularia aurea Lour

タヌキモ科の一年生食虫植物。葉は立体的に四方へ密に分裂して毛筆状になり、裂片は糸状で柔らかい。8~10月、高さ8~20センチメートルの花茎を出し、小さな黄色花を開く。鱗片葉(りんぺんよう)はつけず、越冬芽はつくらない。池沼に浮遊し、関東地方以西の本州から九州、およびアジアに分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノタヌキモの言及

【タヌキモ】より

…アジア北東部に広く分布し,日本全国にみられる。類似種としてノタヌキモU. aurea Lour.があるが,葉状器官が四方に枝状に伸び立体的であり,空中に出る花茎に鱗片葉状器官がなく,一年草である点で異なる。【近藤 勝彦】。…

※「ノタヌキモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android