コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノヂシャ Valerianella olitoria (L.) Poll.

2件 の用語解説(ノヂシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノヂシャ【Valerianella olitoria (L.) Poll.】

道端などに普通なオミナエシ科の一年草または越年草(イラスト)。ヨーロッパ原産の帰化植物で,ヨーロッパやアメリカではコーンサラダcorn saladとよばれ,茎や葉をサラダとして食べ,栽培もされる。全体にやわらかく,高さ10~30cm,ふたまた状に分枝する。花は小さく,球状に集まり長径1cmとなり,5~6月に咲く。花冠は漏斗状で5裂し,淡青色。おしべは3本。子房は下位で3室,うち2室は胚珠がない。果実はやや扁平で長さ2~4mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノヂシャ
のぢしゃ / 野萵苣
[学]Valerianella locusta (L.) Betcke

オミナエシ科の一年草または越年草。茎は高さ10~40センチメートル、二又状に分枝する。上部の葉は長楕円(ちょうだえん)形で柄はない。4~6月、茎の先に淡青色の5弁花を密に集めて開く。ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端、荒れ地、川原などに生える。ヨーロッパではサラダ用として栽培する。
 ノヂシャ属は、茎は叉(さ)状に分枝し、雄しべは3本ある。世界に約60種分布し、日本には本種のみ帰化している。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノヂシャの関連キーワードマーシュ男郎花鬼田平子女郎花爪草野萵苣野襤褸菊女郎花合せ金鈴花糠黍

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone