コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノヂシャ Valerianella olitoria (L.) Poll.

世界大百科事典 第2版の解説

ノヂシャ【Valerianella olitoria (L.) Poll.】

道端などに普通なオミナエシ科一年草または越年草(イラスト)。ヨーロッパ原産の帰化植物で,ヨーロッパやアメリカではコーン・サラダcorn saladとよばれ,茎や葉をサラダとして食べ,栽培もされる。全体にやわらかく,高さ10~30cm,ふたまた状に分枝する。花は小さく,球状に集まり長径1cmとなり,5~6月に咲く。花冠は漏斗状で5裂し,淡青色。おしべは3本。子房は下位で3室,うち2室は胚珠がない。果実はやや扁平で長さ2~4mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノヂシャ
のぢしゃ / 野萵苣
[学]Valerianella locusta (L.) Betcke

オミナエシ科の一年草または越年草。茎は高さ10~40センチメートル、二又状に分枝する。上部の葉は長楕円(ちょうだえん)形で柄はない。4~6月、茎の先に淡青色の5弁花を密に集めて開く。ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端、荒れ地、川原などに生える。ヨーロッパではサラダ用として栽培する。
 ノヂシャ属は、茎は叉(さ)状に分枝し、雄しべは3本ある。世界に約60種分布し、日本には本種のみ帰化している。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノヂシャの関連キーワードラプンツェル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android