コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブゴロド派 ノブゴロドはNovgorod school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノブゴロド派
ノブゴロドは
Novgorod school

中世末期からロシアのノブゴロドを中心に盛んになったビザンチン絵画の一派。当時のノブゴロドは一種の自由都市として西ヨーロッパとの交流が盛んで,一帯の文化センター的な役割を果していた。同派の様式は明るい民衆性,正面性,線的性格に特色をもち,14世紀後半から 15世紀初めにかけて活躍したテオファネスの名が代表的作家として知られている。ほぼ 1410年以後は新興主都モスクワと美術の主導権を分ち合うことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノブゴロド派の関連キーワード聖ソフィア大聖堂[ノブゴロド]フェオファン・グレクルブリョフイコン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android